●江別市新店舗「暖簾の一推し」店舗名デザイン

2024年2月14日に江別市の見晴台に「暖簾の一推し」というカフェがオープンしました!

低糖質、低脂質を意識されている健康的なメニューが多く、内装もとてもおしゃれで世代や性別を問わずどなたでもお食事を楽しめる雰囲気のお店です。

そして、実はこちらのお店の店名デザインを当社社長が手掛けさせて頂きました!

こちらが暖簾の一推しさんです↓
暖簾の一推し

店名の看板と暖簾の両方とも社長が考案させて頂きました。

暖簾の文字には印鑑を押したような文字で「金子啓二郎商店」と書かれています。

こちらの印鑑文字も社長がデザインさせて頂いております。

印鑑文字構図
↑デザインの作成途中の画像です。

印鑑文字構図2

印鑑文字構図3 

印鑑を押したような文字にしたに仕上げるために、文字の所々にあえて欠けのような部分を加えました。

さらに「暖簾の一推し」という店名の文字も書かせて頂きました。
こちらが原案の文字です。

暖簾の一推し看板文字

拡大しみるとお分かりになると思いますが、暖←の文字の日編がお米のような形になっています。

社長いはくお食事処ということで、お米の形にするという遊び心です(^^)
さらに、簾の竹冠部分もあえて暖簾の絵にしています。

そして、店員さんのユニフォームに縦書きの店名が印刷されており、そちらのデザイン画がこちらです↓
暖簾の一推し縦書き

もちろん社長もお店に行かせて頂きました!

暖簾の一推しの前でパシャリ
お店の前でパシャリ!

アート塗装以外にも創作文字のデザインも承っておりますので、どうぞお気軽にご相談ください(^^)






●オリジナルTシャツデザインby社長作

新しい年が明けてあっという間に2月の半ばですね(^^)

今年は比較的暖冬なのか、一昨日、昨日と非常に北海道も気温が高く、春が来たような陽気になりました。

しかし、また来週には気温がぐっと下がるようです。

そして、榎本アート塗装はと言いますと、年明けから小学校や中学校への塗装工事に携わらせて頂いておりました。

今月に入り、少し落ち着いてきたというかんじです(>_<)

冬はどうしても外仕事がなくなるので、内装工事のお仕事は非常にありがたいです。m(__)m


さて、本日は当社社長がデザインしましたオリジナルのシルエットデザインと文字を紹介させていただきたいと思っています(^^♪

この度、オリジナルTシャツを作成することになり、社長がシルエットデザインと文字を考えました!

原本がコチラ↓
①シルエットデザインです。
Tシャツロゴオリジナル
②Tシャツ文字横書き
Tシャツ文字オリジナル
③Tシャツ文字縦書き
オリジナル文字縦書き

こちらのTシャツは武道クラブで使用するこになるTシャツです。
シルエットのデザインで武道と一発でおわかりになるとおもいます(>_<)
このデザインも社長が手書き(!!)でまず紙に書き、写真を撮った後に加工しています。
そして、「拳蹴會」の文字は勢いと太さがある文字から武道らしさが滲みでています。
ちなみに「けんとうかい」と読むんだそうです…((+_+))
「會」という文字は旧字体で現在は「会」が一般的ですよね…(PCの変換なかなか出てこなかったです)
この文字のチョイスも社長ならではのこだわり!(^^)

Tシャツは黒地に文字が白、シルエットデザインが赤で作成される予定です!
イメージはこんな感じです↓







完成しましたら、また是非お知らせ致します(^^)














●年末のご挨拶


今年も残すところあとわずかになってまいりました!

榎本アート塗装最終営業日は12月28日となります。

年明け営業日は1月5日より営業致します。

先月末から江別でもインフルエンザが流行り、市内の学校も学級閉鎖になっていたと聞いています。

今年からコロナの規制が緩和され、経済活動及び人との交流が活性化された年でもありました。

そんな中、コロナを経たからこそ次の課題が見えきたということもあったのではないかと思います。

榎本アート塗装もまた今年1年お客様方にに支えられ、また一つ成長することができました。

新年には、更なるサービス向上を目指し、皆様に喜んでいただけるよう努力を重ねてまいります。

来年もどうぞ宜しくお願い致します。


年末のご挨拶



●黄砂と塗装工事~ヤツがきた!((+_+))~


昨日の江別市は雨が降ったり止んだり、コロコロ変わるお天気でした(>_<)

しかも!黄砂が飛来してましたね!
もう大量に!!((+_+))

黄砂は3月、4月とピークと聞きますが、5月も例外ではないですね(-_-)

昨日の雨と同時と一緒に黄砂を混じっていたようで、車はもうどろどろでした!

こんな状況のときは場合によっては塗装工事は一時ストップがかかる場合があります。
お車お持ちの方で黄砂がきたあとに洗車したとき、かなり粘着力がある泥水が流れます。
この粘着力が厄介ですよね(>_<)

もし、屋根や壁に黄砂ががっちりと付着した状態で、その上から塗装をしても後々多量のムラや浮きに繋がったりします。
もちろん足場を組むときに塗料の飛散防止ネットを張ってある現場は何もしていない状態とは違いますが、やはり大量に黄砂が飛来しているときは注意が必要です。



塗装業も含め建築全般はお天気勝負なところが多いです。
なのでどうしても気象現象に左右されますが、それも自然の道理で仕方なしです(^^)
そして、今日は少し気温は低いですが、穏やかなお天気。
今日も一日頑張ります!

●当社の看板リニューアル&外壁塗装工事ビフォーアフター


今年は雪が溶けることが早かったですねー!
榎本アート塗装も本格的に複数の工事が動き出しております

さて、榎本アート塗装もこの春会社の看板をリニューアル致しました!



さらに外壁も塗装しなおしております!

ビフォー↓
榎本塗装外壁塗装前画像

アフター↓
榎本塗装外壁塗装後画像

塗装することで、壁や屋根の強度も増しますし、見た目のもちろんとてもきれいになりました(^^♪

塗装をお考えの方はお気軽にお問合せ下さい!





●10年に一度の爆弾低気圧が過ぎ去った

今季最大の寒波と爆弾低気圧が過ぎ去りました。

昨日の日中、昨晩の暴風と雪、さらに気温が低く江別でも大変な思いをされた方、大勢いらっしゃるのではないでしょうか…((+_+))

榎本塗装は住宅地の端に立っており、すぐ横が河川と田んぼが広がっておりますので、昨日は風がびゅーびゅー吹付けていました。

今朝は気持ち良く晴れてくれましたが、これからの季節まだまだ警戒が必要です。

大事にならないように、昨今のニュースでも備えをしっかりと呼びかけていること多いと感じます。

備えあればなんとかといいますが、本当ですね(^^♪



会社2階より撮影しました。

昨日の荒れ狂った天気が嘘のようです…(‘;’)

●謹賀新年 ご挨拶



明けましておめでとう御座います!!
本年もどうぞよろしくお願い致しますm(__)m

早くも新しい年になり、6日も過ぎてしまいました。

夕張付近の急激な大雪もあり、新年早々雪かきでお忙しい思いをされている方おおいのでは
ないでしょうか?

年明け前まで気温も高く、雪もほとんどなかった江別でしたが、年明けに急に大量に降りました。

これも温暖化と近年言われている現象でしょうか。
自然の力に人間の力は到底及びませんが、両者がそれぞれ居心地良く共存できたらいいですね。

本年も例年同様に仕事に精進していきたいと思っておりますので、どうぞ宜しくお願い致します。

●大寒から立春へ!1年で一番寒い季節に思う思う事


1月20日は大寒でしたね(*´ω`)

年末頃より降り続いた雪も今の時点では少し落ち着いていますが、道路の除排雪はいまだに追い付いていない場所が多いのではないでしょう(*_*)

除排雪を行っている業者様方、本当にお疲れ様ですm(__)m

さて、大寒は二十四節気でよく表される言葉です。

そもそも二十四節気とはなんぞや…??(*_*)



と調べてみたところ、春・夏・秋・冬と季節を4つに分け、さらに各季節を細かく6つに分けて24にした各季節の特徴を表す表現だそうです。

こういう表現はとても自然に密着して、昔から四季を大事にしてきた日本人らしい感じがして、

とても素晴らしいです(‘ω’)

そして、だいたい1月5日から19日頃が小寒といわれ、1月20日から立春(節分)までが大寒と言うそうです。

小寒から大寒、立春前までが1年で一番寒い時期となるわけです。

寒い時期は人間もそうですが、寒さで体にぎゅっと力が入ります。

凍てつく大地の下で、草木もおなじようにぎゅっとしています。

それが2月3日の立春を迎え、だんだんと本当に少しづつ春の気配がしてきて、芽吹きを迎えます。

この寒い時期にじっとしていることは、春に勢いよく芽吹く力を蓄えるための準備期間だそうです(^^♪

高くジャンプをする前はぎゅっと縮こまるように力を溜め込み、一気に高く跳ねます。

自然の道理から見ると全てが精通しているなぁと感じます(^^)

自然てすごいですね~!

北海道も毎年けっこうな雪が降り積もりますが、必ずキレイに溶けますもんね。

自然の力はゆっくりだけど、とても強力なんですね(‘ω’)

さて、塗装業もそうですが、建築全般と冬の時期は外仕事ができない分、お仕事の量がどうしても減ってしまいます。

こんなときだからこそ、春にすっと動き出せるために従業員の体調管理、仕事の準備等に専念しています!

もうすぐ立春!

春よ早く、来い!!(‘ω’)ノ

●寒さを防ぐ塗料はある?冷気を室内に入れにくくする断熱塗料について

北海道は例年にみる雪の多さですね。

当社がある江別市では去年の5倍の積雪量だそうです( ゚Д゚)

道路の脇の雪壁の高さに圧倒され、凸凹の道路に翻弄される毎日です。

しかし、昨今はテレビでよく聞く温暖化によって、雪の量は少なくなり気温は上昇していると言われています。

今日の朝のニュースでは、冬季オリンピック開催はどの国でも難しくなっているんだとか…

その原因は温暖化。

気温の上昇に伴って、スケートリンクの氷が溶けてしまい、選手の転倒事故が相次いでいるんですって。

今世紀末に冬季オリンピック開催できるとしたら、札幌以外ないそうです!

札幌以外…ということは北海道がどれだけ極寒の地かというお墨付きでもあるってことでしょうか(*_*)



寒さに強い北海道の家だけど…



雪だるま

さて、冬の寒さのピークはまさにこの時期ですが、本当に気温が低いときにはどれだけ暖房をきかせても寒くて寒くていられないとき、ありますよね。

北海道の家は冬の積雪や低温のことを考えて、本州の家に比べて気密性の高い家が多いです。

しかし、毎年毎年、予想した気温で過ごせるはずもなく、今年は例年にみる寒さだったという年もあります。

そして、家も1年1年と劣化するのも事実です。

ちょっとした歪みからの冷気が入ることも多々あります。

そんなときに塗料によって、防寒するという手もあります。



断熱性に優れた塗料で夏は快適に!冬は暖かく!!



寒い冬でも温かい部屋


「断熱」という言葉を聞いたことあると思います。

断熱は文字通りに、熱を伝わりにくくさせるということです。

外側からきた熱気や冷気を家の中に伝わりにくくするという効果です。

夏場は冷房が効かせても、窓や屋根からの熱気でなかなか家の中が冷えない

冬は窓や壁からの冷気で部屋が温まらずに暖房費がかさむ…

こういった家のお悩みに効果があります。

こういった断熱の塗料は外壁や屋根に塗ることで効果でます。

冬真っただ中の北海道では、すぐに外壁の塗装は難しいですが、来冬を考えたときに今年中に対策されるのはいかがでしょうか??(^^)/