●窯業サイディングと金属サイディングのメリット・デメリットのことについて


先週、先々週とサイディングのことに関する記事を上げさせ頂きました!

そして今回もサイディングについて少しだけ書かせて頂こうと思ってます(^^)

現在外壁のサイディングに使われている素材は4種類
・窯業系サイディング
・金属サイディング
・樹脂サイディング
・木質系サイディング
です(^^♪

さらに主流と言われる素材は窯業サイディング金属サイディングになります。
まず窯業サイディングとはなんぞや?というと、セメントと木材繊維などを薄い板状に加工した外壁材です。
作る工程の途中で窯で高熱処理されるため、窯業(ようぎょう)サイディングと言われています。
金属サイディングは、文字通り金属性の外壁パネルのことです。

先週のブログ内動画でもお伝えしたのですが、この主流の2種類のサイディングのメリットをあげると…

【窯業サイディングのメリット】
・大量生産されているので、安い。
・耐火性に優れている
・デザイン性が高い
・施工が簡単


【金属サイディングのメリット】
・断熱性が高い
・軽量
・防水性が高く、凍害に強い

となります。



逆にデメリット
窯業サイディングのデメリット】
・金属サイディングに比べて耐久性が低いので、定期的なメンテナンスが必要
・夏は暑くなりやすい
・重ね貼りには向かない(サイディング自体が重いため)


一番主流な窯業サイディングにも、んん~…これは…(*_*)というところがあります。
お安い分、メンテナンス費用が金属製の物よりかかってしまうということです。
窯業サイディング自体には防水効果がないので、防水効果がある塗料を塗ることで、雨等からの浸食を防ぎ、サイディングの持ちをよくするためのひと手間と費用が必要になる可能性が。
さらに、原料にセメントが使用されていることから熱を吸収しやすい性質を持っていますので、夏の強い日差しを受けると、どうしても熱を持ちやすくなってしまいます。
そして、窯業サイディングは金属製の物よりも重たいので、既存のサイディングの上から重ねて貼るという施工方法ができません。
そのため、窯業サイディングを貼り直す際は既存のサイディングを剥がすという工程を行います。


お次は金属サイディングのデメリットについてです。
金属サイディングのデメリット】
・単価が高い
・傷が付きやすい
・錆やすい
・デザイン性が限られる


金属サイディングは窯業サイディングに比べると、単価がお高いんですね(*_*)
そして、傷が付きやすい。
これは素材の特性なので仕方がない部分もあります。
さらに金属製ということもあり、錆るということです。
しかし、錆に関して塗装の錆止めをしっかりメンテナンスで行うことで、キレイな状態を保つことも錆にくくすることも可能になります。
デザイン性に関していいますと、窯業サイディングよりもデザインの種類が少ないというのもあげられます。


100%メリットで、何もデメリットがない素材はないと思いますので、各お客様のご予算やご希望に合うサイディングが一番だと思います☆
しかし、もしこのサイディングはうちにどうなの…??
こんな外壁にしたいけど、もっと良い物があるかしら??等々、ご相談ありましたら、お気軽に問い合わせください(^^♪

●一般住宅の外壁サイディング張り替え施工例2 ※張り替え後塗装工事もしてます※


本日の明け方はグッと冷え込みましたね!
北海道は秋の気配が濃厚になってきました(^^♪

本日も一般住宅の外壁サイディング張り替え施行例の第2弾となります。

こちらの住宅は外壁のサイディング張り替えをし、屋根を塗装しています。
サイディング張り替え工事の施工例は前回も掲載させて頂きましたが、各ご自宅の大きさ(広さ)はもちろんサイディングの劣化具合によって、施工期間も工費も違ってきます。


施工前のビフォー
サイディング張り替え前の一般住宅

施工後のアフター
サイディング張り替え後の一般住宅


サイディング張り替えや塗装工事以外にも各建具の取り替え等を承りました。

ぱっと見はそこまで傷んでいないように見えるかもしれない外壁も、経年の劣化は確実にすすみ気が付いたら、雨漏りが…!となることもあります。

かなり劣化がすすんでからですと、修繕費用は高額になってしまいますので、お早めに専門業者にお尋ねください(^^♪

●内装リフォームはいつでもOKなんです!冬のお家時間増えるいまこそ♪

今年は夏がとても暑かったですが、秋に入っても気温が高めの日が続きましたね(^^)

しかし!北海道の冬は気が付くとすぐ隣に居るんですね(*_*)

もう江別でもいつ雪が降ってもおかしくない寒さが続いてます。

皆様、タイヤ交換はお済でしょうか??


さて、寒くなってくる、雪が降ると塗装の外装工事はほとんどありません。

そろそろ外仕事は仕事納めが見えてきています。

しかし、内装のお仕事は冬だろうが、雪だろうが関係なくお受けすることができます(^^)/

冬はお家で過ごされる時間が長くなります。

家時間を充実させるためにも、内装リフォームを検討されてはいかがでしょうか?

フローリング、壁、建具と新調し、また修繕することで保温効果も違ってきますし、綺麗な室内で新しい年を迎えると気持ちがいいものです(*´ω`)
お家のイラスト
冬になると工事という工事は完全にできない!とおもっていらっしゃるかた、そうではありませんよ!

むしろ冬に内装リフォームをしたほうがお得です!!

この機会にどうぞご検討ください(^_-)-☆

●一般住宅の畳取替・襖張替工事の施工例!

一般住宅の和室をメインとした施工事例です。

長年使用している畳は日焼けによる色褪せや劣化がすすみます。
現在、畳のお部屋がある住宅は少なくなっているとのことですが、その一因として、本畳といわれる井草の畳は劣化により、ボロボロになってくると、靴下についたりします。
またお手入れもきを使いますよね(*_*)

しかし!!現在は和紙を原料とした畳が人気なんです!
その理由は水や汚れに強い!そして、色褪せしにくいという利点があります!

日本人ですもの、畳のお部屋は落ち着きますよね(^_-)
もし、和室のリフォームをご検討でしたら、是非ご用命ください!!!


和紙の畳です↑


取り替え前↓

取り替え後・アップ画像↓