YouTube動画:一般住宅の外壁2色仕上げの塗装工程動画です(^^♪


久しぶりの更新となってしまいました(>_<)!

あれだけあった雪もいつの間にか溶けてしまい、今日は夏日になるかもしれないと天気予報で言っていました!

季節の進みが早いですね(*´ω`)

そして、榎本アート塗装もいよいよ本格始動しております!

これからが本番ですが、どうも季節の変わり目は体調を崩しやすいこともあったりするので、皆様もご自愛ください


さて、本日のYouTube動画は一般住宅の外壁塗装の工程です!

外壁塗装2色仕上げの工程なのですが、2色仕上げというイメージはパっと見で、あ!2色の色を使っているんだなぁとわかる塗り方なんだろうなと思いませんか??

実は、思っていた2色仕上げとは違った!と思われる方もいるかもしれません(^_-)-☆

塗装の話しとは違うのですが、外壁にも様々な種類があります。

金属性の外壁だったり、窯業性のサイディングだったりするんですね~(^^)

もちろんですが、その外壁の素材に合わせた塗料で工事をすることで、外壁の持ちもよくなります。

そういったメンテナンスがあることで、家自体の資産価値が上がったり、丈夫に長く住み続けることができるんですね(^^)/


では、どうぞご覧ください!!


↓↓↓↓↓↓↓画像をクリックすると動画が見られます↓↓↓↓↓↓↓↓

YouTube動画一般住宅2色仕上げの塗装工程【アート塗装職人】


●YouTube動画:襖の額縁塗装・トイレのドア補修塗装・厨房ジプトン天井塗装工程3編


YouTube動画の新作の紹介です!

今回の動画は額縁塗装とトイレのドアの塗装、厨房の天井塗装の3つのヵ所の工程となっています(^^)

襖も経年劣化してしまうと、張り替え作業を行います。

その際に額縁もキレイに塗装することにより、新品のような仕上がりになります♪

額縁の塗装は襖の貼り替えより先に塗装作業を完成させます!

トイレのドアも経年劣化のため傷や穴が開いてしまっているヵ所をまずはパテでキレイに補修したのちに塗装していきます!


↓↓↓↓↓↓↓↓↓画像をクリックすると動画が見られます↓↓↓↓↓↓↓↓

襖の額縁塗装・トイレのドア補修塗装・厨房ジプトン天井塗装工程3編

塗装工事・リフォーム工事の価格改定について


平素は格別のお引き立て、ご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。

さて、各位におかれましてはご高承の如く、昨年コロナ禍の影響に依り中国からのウッドショック
その他輸入制限、そして今年に入りロシアとウクライナの戦争等の影響で昨年より一段と原油その他の製品も
等しく価格が高騰しております。


それに伴い各塗料メーカーより塗料及び他の商品原価と配送費の値上がり決定の報告を受けました。
又、昨年の価格改定の値上がりそして本年度5月からの値上がりも含めてトータルで約1.5倍の値上がりと
成りました。

弊社としましては、内部努力を重ね塗装工事費及びリフォーム費も含め価格を協力業者と共に
極力抑えて対応して参りましたが、既に限界を超えてきており誠に遺憾ながら
塗装工事やリフォーム工事全般に関する価格を、令和4年5月分から昨年度工事単価より
1.2~1.5割り増しに改定せざるを得ません。

更に今後の世界情勢に依っては更なる物価上昇が懸念されます。

尚、令和4年4月迄に外装・内装問わず塗装工事・クロス工事・畳工事・カーテン工事・網戸工事・ボイラー取替工事、他リフォーム全般に関する工事のご契約及び取り決め工事を頂いたお客様に限り、価格改定の対象とはなりません。

当社では塗装工事以外にもリフォーム・建築全般に関する工事をお受けしております。
この機会にどうぞお早めに塗装工事及びリフォーム工事等に関するお見積り、お問い合わせをご検討下さいますよう、お願い申し上げます。

以上誠に恐縮ではありますが、何卒ご理解のほどお願い申し上げるとともに、
変わらぬご愛顧をお願い申し上げます。

                           ㈲榎本塗装 代表取締役 榎本信雄

●YouTube動画:鉄骨階段の塗装工程動画|ペーパー掛けからのクリンマイルドシリコン仕上げ


3月に入りましたが、なかなか雪が溶けていかないですね(*_*)

思ったよりも今シーズンは雪が多くて本当に大変です( ゚Д゚)

昨日テレビで放送していた内容が、温暖化で地球全体が異常気象になっているというものでした。

もう耳にタコができるほどに、温暖化とか異常気象だとか言われていますが、その被害は日本を含む地球全体に及ぶんですね…。

温暖化と聞くと雪も減るのかな…なんて単純に考えてしまっていたのですが、その逆だそうです。

雪や雨の量が増えるんだそうです。

札幌はこんなに雪が降る都市で、100万人以上の人間が住んでいるとても珍しい街なんだそうです。

しかし、これから温暖化がもっとすすむようであれば、生活自体を見直さなければならくなる日も近いのでしょうか…。

そんなことを考えていました(^^)


さて、今回の動画は鉄骨階段の塗装工程です!

塗装前の養生やペーパー掛け、そしてクリンマイルドシリコンの塗装様子を編集しました!


↓↓↓↓↓↓↓画像をクリックすると動画が見られます(^^)↓↓↓↓↓↓

鉄骨階段塗装工程動画クリンマイルドシリコン仕上げ

●YouTube動画:台所天井、漏水のためシミが!シミ消し塗装工事工程


雨漏りなどで漏水してしまい、その水が天井を伝うとシミができてしまいます。

また一度シミになってしまうと、その上から塗料を塗っても再び染みてきてしまうのです( ゚Д゚)

そのために、シミ消しの塗装工事工程では、塗料を塗布する前に必ずシミ消し塗料を塗ります。

この工程をしっかりすると、上から塗った塗料に染み出てくる心配がなくなります!

では動画をご覧ください(^^♪


↓↓↓↓↓↓画像をクリックすると動画が見られます↓↓↓↓↓↓

●家具の塗装工程|規格外のテレビ台塗装


本日の動画は規格外のテレビ台の塗装工程となっております(^_-)

塗装の工程としましては、まずオイルステンで着色後、ウレタンクリアーで2回塗りをして仕上げています。

もともと木そのものの色や質感を生かす家具は多くあります。

またその逆に加工しやすい木材を好みの形にしてから、好きなように塗装するという事もできます。

発想や工夫次第で無限にアレンジができるのが塗装の魅力でもありますね(^^♪



↓↓↓↓↓↓画像をクリックして頂くと動画が見られます(^_-)-☆↓↓↓↓↓↓


●一般住宅の建具・家具の塗装工事工程動画・befre&afterあり

本日の動画は一般住宅の家具や建具の修繕や塗装の工程を編集したものです(^^♪

動画の中に敷居の塗装修繕がありますが、敷居の色剥がれ部分は決して広範囲ではないのですが、

その部分を補修するだけで、パッと見たときの印象が全く違うんですね(^_-)-☆

これは建具や家具の一か所の色を変えたときにも同じことが言えます。

ほんの少しの変化がまた家の内装や家具を蘇らせるのです♪


↓↓↓↓↓↓↓画像をクリックすると動画が見られます(^_-)-☆↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

塗装工程before&after|一般住宅の建具・家具の塗装工事工程|【アート塗装職人】

●大寒から立春へ!1年で一番寒い季節に思う思う事


1月20日は大寒でしたね(*´ω`)

年末頃より降り続いた雪も今の時点では少し落ち着いていますが、道路の除排雪はいまだに追い付いていない場所が多いのではないでしょう(*_*)

除排雪を行っている業者様方、本当にお疲れ様ですm(__)m

さて、大寒は二十四節気でよく表される言葉です。

そもそも二十四節気とはなんぞや…??(*_*)



と調べてみたところ、春・夏・秋・冬と季節を4つに分け、さらに各季節を細かく6つに分けて24にした各季節の特徴を表す表現だそうです。

こういう表現はとても自然に密着して、昔から四季を大事にしてきた日本人らしい感じがして、

とても素晴らしいです(‘ω’)

そして、だいたい1月5日から19日頃が小寒といわれ、1月20日から立春(節分)までが大寒と言うそうです。

小寒から大寒、立春前までが1年で一番寒い時期となるわけです。

寒い時期は人間もそうですが、寒さで体にぎゅっと力が入ります。

凍てつく大地の下で、草木もおなじようにぎゅっとしています。

それが2月3日の立春を迎え、だんだんと本当に少しづつ春の気配がしてきて、芽吹きを迎えます。

この寒い時期にじっとしていることは、春に勢いよく芽吹く力を蓄えるための準備期間だそうです(^^♪

高くジャンプをする前はぎゅっと縮こまるように力を溜め込み、一気に高く跳ねます。

自然の道理から見ると全てが精通しているなぁと感じます(^^)

自然てすごいですね~!

北海道も毎年けっこうな雪が降り積もりますが、必ずキレイに溶けますもんね。

自然の力はゆっくりだけど、とても強力なんですね(‘ω’)

さて、塗装業もそうですが、建築全般と冬の時期は外仕事ができない分、お仕事の量がどうしても減ってしまいます。

こんなときだからこそ、春にすっと動き出せるために従業員の体調管理、仕事の準備等に専念しています!

もうすぐ立春!

春よ早く、来い!!(‘ω’)ノ

●寒さを防ぐ塗料はある?冷気を室内に入れにくくする断熱塗料について

北海道は例年にみる雪の多さですね。

当社がある江別市では去年の5倍の積雪量だそうです( ゚Д゚)

道路の脇の雪壁の高さに圧倒され、凸凹の道路に翻弄される毎日です。

しかし、昨今はテレビでよく聞く温暖化によって、雪の量は少なくなり気温は上昇していると言われています。

今日の朝のニュースでは、冬季オリンピック開催はどの国でも難しくなっているんだとか…

その原因は温暖化。

気温の上昇に伴って、スケートリンクの氷が溶けてしまい、選手の転倒事故が相次いでいるんですって。

今世紀末に冬季オリンピック開催できるとしたら、札幌以外ないそうです!

札幌以外…ということは北海道がどれだけ極寒の地かというお墨付きでもあるってことでしょうか(*_*)



寒さに強い北海道の家だけど…



雪だるま

さて、冬の寒さのピークはまさにこの時期ですが、本当に気温が低いときにはどれだけ暖房をきかせても寒くて寒くていられないとき、ありますよね。

北海道の家は冬の積雪や低温のことを考えて、本州の家に比べて気密性の高い家が多いです。

しかし、毎年毎年、予想した気温で過ごせるはずもなく、今年は例年にみる寒さだったという年もあります。

そして、家も1年1年と劣化するのも事実です。

ちょっとした歪みからの冷気が入ることも多々あります。

そんなときに塗料によって、防寒するという手もあります。



断熱性に優れた塗料で夏は快適に!冬は暖かく!!



寒い冬でも温かい部屋


「断熱」という言葉を聞いたことあると思います。

断熱は文字通りに、熱を伝わりにくくさせるということです。

外側からきた熱気や冷気を家の中に伝わりにくくするという効果です。

夏場は冷房が効かせても、窓や屋根からの熱気でなかなか家の中が冷えない

冬は窓や壁からの冷気で部屋が温まらずに暖房費がかさむ…

こういった家のお悩みに効果があります。

こういった断熱の塗料は外壁や屋根に塗ることで効果でます。

冬真っただ中の北海道では、すぐに外壁の塗装は難しいですが、来冬を考えたときに今年中に対策されるのはいかがでしょうか??(^^)/